私が片付けられなかったワケ(言い訳)「片付けブログその②」

f:id:reikos_living:20210402102028j:plain

現在の我が家の食器収納。引き出しの一番上はカトラリーとコップを入れています。

部屋をすっきりさせるべく、昨年春ころから本格的に片づけをしていきました。

 

以前に「部屋を片付ける」というブログを書きましたが、今回は私の家が散らかっていた言い訳を書きたいと思います💦

 

現在の家は築15年。私は片づけが苦手で掃除も仕方なくやるような主婦。

15年前新築戸建てを購入したので、当時はどこもかしこも新しくてピカピカ✨

・・・だったのに、あっという間に部屋は雑然。なんとなく薄汚れている状態になっていきました。

 

そりゃそうです。片づけができず、掃除もままならないのですから。当時の子どもたちは4歳と1歳。おもちゃもわんさか、毎日どこかしらを汚す。

私は子育て、家事に追われ、最低限の家事をこなすことに精一杯。片付けをする余裕も無く、ただただ慌ただしい日々を過ごしていました。

 

本当はスッキリきれいな部屋で過ごしたい。なのに時間も無ければどこをどうしたらいいのかもわからない。

 

子どもが大きくなり、少しずつ手がかからなくなってくると今度はPTA活動やスポーツ少年団(略してスポ少)に積極的にかかわり、特にスポ少に関しては、土日になれば必ずグランドに出向き(息子は野球をやっていた)、ただの練習の日でも朝早くから夕方までそこで過ごしていました。なんでそこまでして!と思う方もいるかもしれませんが、野球ってそうなんですよね。お子さんがスポ少で野球をやられていた方は私のように土日は一日中グランドで過ごした方も多いと思います、多分💦

 

息子がスポ少を卒団してからも、野球を続けていたので練習試合、大会があればほぼ必ず応援に行き、また娘の所属していた吹奏楽部も、いわゆる強豪校で活動がめちゃくちゃ盛んだったため数多くある演奏会やコンクールにも必ず出向いていました。

 

要は、平日はパート、土日は部活動の応援などで家にいる時間が圧倒的に少なかったのです。片づけが得意ではない私はそれを理由に、雑然とした部屋を見ては「仕方がない。片付ける時間がないのだから。」と自分を納得させていました。

 

でもずーっと15年間、こんな部屋、好きじゃない、と思い続けていたんです。なのに、どこをどうすればいいのかわからない。

 

の堂々巡り。

 

そしてついに!子供の部活動の応援もそこまで大変ではなくなり、おまけにコロナ禍で土日に家にいることも増え、やっと、やっと、片付ける時間、どのように片づけ、どのような部屋にしようかとゆっくり考える時間ができるようになったんです。

そして、どうして私は片付けが苦手だったのかも。

 ここに至るまで15年が経っていました・・・

 

~続く~