そもそも片付けとは?「片付けブログその③」

f:id:reikos_living:20210410121335j:plain

ワンコを外飼いしていてカーテン不要のため、手放しました

こんにちは。

先日、眼鏡を外してコンタクトを付けたあと、うっかりまた眼鏡をかけてしまいクラっときたreikoです。笑

 

そもそも、片付けるってどういうことなんでしょうか。

悩み苦しみながらあれこれ調べていくうちに、2つの衝撃的な事実が判明!

もう、これは私の中での大革命でした。

 

そうだったのか!そういうことだったのか!!

 

うんうん納得、長年の胸のつかえが取れていくのがわかりました。

だから私は片付けられなかったんだと。

 

それは。。。

 

①散らかっていて片付かないのは、単に物が多いということ。

 

②不要なものは捨てて良いということ。

 

たったこれだけ。

 

なーんだ、と思ったそこのあなた、スゴイです😳

 

私はこんな当たり前のことに気づかずん十年過ごしてきたんですから。

 

特に②の、「物は捨てても良い」ということに驚き。

もちろんいらない物はちゃんと捨てていましたよ。

 

ただ、まだ使える物でも、いつか使うかもしれない物でも、今まで大事に使ってきた物でも、使っていなければ、必要でなければ、捨てても良いんだということに驚き。(もちろん多少は取っておく物もあります。)

 

いやあ、目からウロコでした。

 

 

今の世の中、意識していないとどんどん物が入ってきますよね。

 

例えば、お弁当などを買ったときに付いてくる割りばし。

例えばケーキなどを買ったときに付いてくる保冷剤。

例えば買い物したときにもらう紙袋。

 

そんなものが我が家にはわんさかありました。

 

それ以外にも、子供が幼稚園に上がるときにミシンで作った布バッグの余り生地やら、新年の挨拶などでもらう○○会社と書かれた白いタオルやら、景品のボールペンやら、ノートやら。。。

 

いわば新品なので捨てる理由がなく、ただ、とっておいたのです。

使える物を捨てる理由がどこにある?心のどこかでそう思っていたと思います。

 

使える物と使わない物は大違い。使わない物をしまっておくそのスペースこそ、無駄にしているという事実。

 

捨ててもいいなら捨ててしまおう!物は使ってこそ。いつか使うは使わないと同じ。

我が家は物が多かったんだ。捨てていいんだ。

物が少なければ私でも片付けられる。

 

なんだか先が明るく見えてきたぞ!

 

そうして一気に捨て活モードになっていきました。

 

次回は、捨て活後の物の入れ替え(買い替え)について書きたいと思います。

 

~続く~