物を入れ替える「片付けブログその③(最終回)」

f:id:reikos_living:20210508121854j:plain

食器類はほぼ総とっかえしました

こんにちは。少し前から「命の母A」を飲み始めたら調子がよくなってきたreikoです。

 

今回が最終回、片付けに関して締めくくりを書こうと思います。

 

昨年のGW、「こんな雑然とした部屋にいたくない!」と一念発起しいろんなものを手放したり買い替えたりしてきました。

買い替えたもので大きかったのは次の3点。

 

キッチンワゴン食器棚ダイニングセット

 

食器棚とダイニングセットは母と妹からの結婚祝いだったこともあり、手放すのにかなり迷いました。それなりに使い勝手も良くずいぶんとお世話になりました。

 

手放す決め手は、背の高い食器棚は圧迫感があったこと、キッチンは白で統一感を出したかったこと、の2点です。

 

物に合わせて暮らしていくのではなく、自分が選んだ物に囲まれ暮らしていきたいと思いました。

 

ずっとあこがれていたのにもったいないからとあきらめていた、作業台にもなる背の低い食器入れ用の引き出しキャビネットと、レンジや炊飯器などを置くキャビネット2つを思い切って購入。

キッチンががらりと変わり、ウキウキしました。

 

それに伴い食器、カトラリーも一新!食器類はいっぺんにではなく、少しずつほぼすべて買い替えました。

お恥ずかしながら食器やカトラリーはこの歳になるまでほとんど買ったことがなかったんです(汗)

すべて引き出物やもらい物で揃ってしまい、買う必要がなかったからです。

使えるから使っていただけのことでした。

 

今の自分にこのままの食器を使っていくのでよいのか問いかけたとき、「本当は自分で選んだお気に入りの食器を使いたい!」という答えが出たことには自分でも驚きました。私、本当はそう思ってたんだ。でももったいなくてできないと、その気持ちを封印していたんだな。

 

自分の気持ちに正直になろう。

 

そう決めて少しずつ食器類を買い揃えていきました。そのまあ何と楽しいこと!

なんていうか、今まではただ目の前にある物で淡々と日々を過ごしてきたモノトーンな自分から、一つ一つ自分が選んだ物と暮らしていく彩りのある自分になった気分とでもいいましょうか。

 

f:id:reikos_living:20210508140324j:plain

気分はこんな感じかな?(笑)ウキウキします♪

 

ダイニングセットも、今の暮らしに合う物を購入。

リビングが統一感のあるスッキリした空間になりました。

 

私にもスッキリした空間が作れた

 

子育てが終わりに近づき時間に余裕ができたからこそ、こうやって色々できました。それまでは日々の生活に追われ、暮らしについて考える余裕などありませんでした。

なーんて書くともっともらしいですが、本当のところ、「私は不器用でセンスもなく、どうせ私なんかおしゃれに、きれいに暮らしていくことはできないんだ」と決めつけ、その言葉通りに生きてきてしまった結果がそのまま部屋に表れていただけでした。

 

どうせ私なんか、、、という考え方も手放すことにしました。

 

いろんな気づきを得られて、片付けってすごい!と改めて思います。

これからはもっと自分を大事にして暮らしていこうと思います。

 

アラフィフreiko、体は衰えど、気持ちはいつまでもフレッシュで行きます♪